プロフィール

こんにちは! サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです。

自己紹介

サンディエゴの整理収納アドバイザー(2016年資格取得)

親・子の片付けインストラクター1級

日本語・中国語・英語のトライリンガル

台湾大学社会学部卒

シンガポールに1年、台湾に6年滞在歴あり。アメリカ暮らしは10年目。

趣味はアシュタンガヨガ。

男の子2人の母。

美味しいものに目がない。

コーヒー好き。

北欧デザインが好き。

健康志向。

ミニマリストに憧れている。

こだわりが強い。

旅行が大好き。

初めまして

学生時代はシンガポールに1年中国語留学後、台湾大学を卒業。卒業後に台湾で就職したので、台湾には計6年ほど住んでいました。アメリカには2010年に結婚を機に移住。アメリカ暮らしも10年目に入りました。

お片付けに関しては、もともと掃除は好きで綺麗好きではありましたが、それより買い物が大好きで、物が多いタイプでした。

次男を妊娠中に日本の実家の私物を大掛かりに片付けたことをきっかけに、お片付けに興味を持ちました。結婚して何年も経つのに、ずっと実家に置きっぱなしにしていた私物を大掛かりに処分。いかに自分がもう必要ない物を数多く所有していたのかに気づいて、愕然としました。

そこから”お片付けについてちゃんと学びたい!”と思い、整理収納アドバイザーの勉強を始め、次男出産後の2016年に整理収納アドバイザーの資格を取得。

また次男出産後には、アメリカの自宅の片付けも進めました。それは”子供が生まれると物がどんどん増える!”ということを実感し、”子供の物は成長に伴ってこれからも増えるから、自分の持ち物を減らすしかない!”と思ったからです。

片付けを学んだおかげで物をうまく循環させることができ、あまり広くない家でも物が溢れることなくスッキリした暮らしを保つことができています。

2020年には、親・子の片付けインストラクター1級を取得。親と子供のお片付けや、家族との関わり方についても学びを深めることができました。

アメリカ在住の整理収納アドバイザーとして、アメリカ暮らしならではのお片付けに悩む方のお役に立てればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

やりたいことを見つけるまで

今でこそ”片付けこそが、やりたいこと!”と、ブレない軸ができた私ですが、アメリカに移住してから”やりたいこと”がわからない状態でした。

それに加え、以前の私は自分の”ない”部分にばかり目を向けて、自分をコンプレックスでがんじがらめにしていました。

  • 特技の中国語を使うところがない。
  • アメリカで大学を出ていないから、英語に自信がない。
  • どこにも所属していない。

自分のやりたいことが見つからず、進むべき道に悩んでいました。でも、そんな自分を変えたかった。そこで”無意識に、ほっといても、やってしまうことって何やろう?”と考えてみると、それが”片付け”でした。

思えば、仕事でも頼まれていないのにファイリングして、感謝されたり。ボランティアでも、勝手にパントリーを整理整頓して、表彰されたり(笑)いくらやっても苦にならないと、私にとって、それは片付け”だ!

こうして自分のやりたいことに気づけたのも、片付けを通じて自分の価値観が明確になったからです。

自宅を片付ける中で、物と向き合い、幾度となく取捨選択を繰り返しました。物と向き合うと同時に、自分と向き合っていたんです。物を減らす過程で自分の価値観が明確になり、やっと自分がやりたいことを見つけることができました。

お片付けの最大のメリットと私の思い

お片付けすると、空間が整い、時間に余裕が生まれます。

でも私が思う、お片付けで得られる一番のメリットは、自由時間が得られるだけでなく、気持ちも自由になれること。

どういうことかというと、物を整理し、片付く仕組みを作って家が整うと、まず日々の掃除や片付けにかかる時間が節約できます。

物を整理する際には、幾度となく自分の持ち物の取捨選択を繰り返します。そうすると、自分の価値観・やりたいこと・好きなことがハッキリしてくるんです。

そして同時に自分の思い込みやしがらみも整理することができます。

例えば、

  • 「みんな持っているから。」「実家にもあったから。」何となく持っているけれど、よく考えたら自分の今の暮らしでは必要のないもの。
  • お菓子作りが苦手なのに「お菓子が作れるお母さんになりたい。」から持っているおかし作りの道具。(過去の私です。)
  • 「使いにくいし、私の好みじゃないなぁ。でも〇〇からもらった物だし。」と思って、不満を抱えながら使っているもの。

こういった「物」を手放すことで、それにくっついていた「思い込み」や「しがらみ」も手放せる。もっと自由で、自分の好きな物だけに囲まれた暮らしが手に入ります。

 

まとめると

  1. 物を整理し、空間が整う。片付く仕組みを作って、時間にも気持ちにも余裕が生まれる。
  2. 物の取捨選択を繰り返すことで、自分の価値観・好きなことが明確になる。
  3. 生まれた時間の余裕を、自分の好きなこと・やりたいことに使える!

私もアメリカに移住してから、自分のやりたいことがわからない時期が長くありました。でもお片付けに出会って、やっと自分の軸を見つけることができました。

  • 仕事・家事・育児に忙しく、自分のことを後回しにしてしまって、自分の時間も持てず、やりたいこともわからなくなってしまったお母さん。
  • 以前の私と同じように移住や引っ越しで環境が変わり、自分らしさが発揮できず悩んでいる方。

こういう方が片付けを通して、埋もれていた自分のやりたいこと・好きなことを掘り起こして、もっと自由に時間を使えるよう、自分らしく過ごせるようにお手伝いすること。それが私の思いです。

 

こんな方にぜひ!

  • 移住や引っ越しで、自分らしさが発揮できていない現状を変えたい方
  • 一歩を踏み出す用意ができている方
  • 新しく何かを始めたいけれど、それが何かわからない方
  • もっと自分の時間を確保して、やりたいことに時間を使えるようになりたい方
  • 片付けの仕組みを作って、すっきりした部屋でゆったり過ごしたい方