アメリカ暮らし

片付けのプロによる、アメリカで買ってよかったベビー用品まとめ

こんにちは!サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです!

プレママのみなさん、赤ちゃんグッズってたくさんあって、何を買えばいいのか迷いますよね。私は長男を出産する前に、先輩ママから聞いたり、雑誌や本の情報を元に、いろいろ買い込みました。

でも実際あまり使わなかったり、長男には使えたけど次男では使えなかったものも・・・。次男が生まれてしばらくすると、早々に手放したベビーグッズがたくさんありました。

今思えば、慌てて買わなくても「必要性を感じてから買っても全然間に合ったなぁ〜」と思います。

赤ちゃんや、ママさんによって、「これ使える」「使えなかった」というのが本当に人それぞれなので、参考程度に読んでもらえばと思います。

 

アメリカ買ってよかったベビー用品

Inglesina Fast Table Chair

アメリカで買えるベビー用品で買ってよかったなぁ!と思ったのは、Inglesina Fast Table Chairです。テーブルに挟んで使うので、外食する時に重宝しました。

アメリカのレストランは大体ハイチェアが置いてあるんですが、自分で立ち上がれる月齢になると、ハイチェアの上で立ってしまって危ない危ない。この椅子だと足が浮いた状態になるので子供が立ち上がれません。

この椅子を使っていると、居合わせたアメリカ人の親御さんに「それどこで買ったの?」とよく聞かれました。

aden+anaisのおくるみ

aden+anaisのおくるみ。おひな巻きにしたり、ベビーカーの日よけにしたりと活躍しました。ベビーシャワーでリクエストしてもいいかも。

Baby K’tan の抱っこ紐

子供の首が座るまでは、Baby K’tanの抱っこ紐を使っていました。密着するからか、この抱っこ紐で抱っこするとよく寝てくれました。日本のお友達の出産祝いにもあげたことがあるのですが、「神抱っこ紐!」と、すごく喜ばれました。月齢が小さいうち向きかなと思います。

Safety 1st Adhesive Magnetic Lock System

子供がハイハイしはじめ、扉を開けて中のものを全部出してしまう時期に活躍した、Safety 1st Adhesive Magnetic Lock System。ロックしたくない時は、アンロックしたままにもできますよ。

ユニクロのベビー服

アメリカのベビー服は頭からかぶるタイプが多く、首が座っていないうちは超絶着せにくい!しかもアメリカのベビー服は細身で、胴長ムチムチの息子たちには体型が合いませんでした・・・。

ユニクロのベビー服は月齢が小さいうちは前開きタイプで、タグも外側に付いていて赤ちゃんに優しく、とっても重宝しました。

リッチェル ふかふかベビーバス

空気を入れて膨らませる、リッチェルふかふかベビーバス。軽いので、使ったあとはお風呂の壁につけた吸盤式のフックに引っ掛けて、乾かせます。

また、月齢が小さい頃は洗面台の上に載せて使っていました。一人目が使わなくなっても、次が生まれるまで畳んでしまっておけるので、場所を取らないのも高ポイント。

アメリカのAmazonでもRichell baby bathという名前で、日本で買うよりは割高ですが手に入るようです。

 

おかゆクッカー

炊飯器でお米を炊くと同時に赤ちゃん用のおかゆを炊く容器。10倍粥、7倍粥、5倍粥など水の量とお米の配合がわかりやすく、またごく少量だけおかゆを作れるところが便利でした。

私が使っていたのは、ピジョンのおかゆポットという商品ですが、今は廃盤のようです。同じようなもので、リッチェルの炊飯器用おかゆクッカーというのがありました。

アップリカの抱っこ紐

首が座ってからはアップリカの抱っこ紐を使っていました。このタイプの抱っこ紐だとエルゴが人気ですよね。ご自分の体型、素材やデザインの好みで選ぶといいかなーと思います。

ガーゼのハンカチ

顔を拭いたりするのに、薄手で柔らかいので、あってよかったです。今でも子供が熱がある時などにアイスパックを包むのに使ってます。

 

ベッドバンパー

赤ちゃんの頃だけでなく、幼児期から今も愛用中。ベッドから落ちないようにするため、シーツの下にセットします。

シーツをセットする時、バンパーの分きつくなりますが、シーツはかけられます。

バンパーがあると、ベッドから落ちることは、ほぼありません。寝ていても、体がバンパーに当たると、無意識でわかるんだとか。

旅行の時に、ホテルに持参したこともありますよ!

アメリカ人ママさんから、スイミングで使うヌードルでも代用できると聞いたことあるので、お好みで選んでくださいね。

アメリカで買ってよかった、数ヶ月ヘビロテしたベビー用品

Fisher Price Jumperoo

長男のみ好きだった、Fisher Price Jumperoo。これに乗って遊んでくれている貴重な15分間の間に家事や自分の食事をしていました。ところが次男はこれはお気に召さず・・・。結構場所を取るので、次男が使わないとわかった時点ですぐにお友達に譲りました。

Baby Bjornのバウンサー

Baby Bjornのバウンサーも、長男の時によく使いました。汚れてもカバーを外して洗えるし、軽くて持ち運びがラクだし、折りたためるところが高ポイント。ただ次男は、直角に座りたがる子だったので、全然使えませんでした。

mamas & papas Baby snug

バウンサーが苦手だった次男のために、椅子を購入。こういうタイプの椅子だとBumboが有名ですが、うちの息子は足が太かったので(汗)中古で買って、大きくなって使わなくなると、すぐにお友達にもらってもらいました。

アメリカで買った、使ったけど、なくてもよかったかなと思うベビー用品

Graco Pack’n Play

長男の時にはよく使ったGraco Pack’n Play。次男の時には場所を取るのが気になって、次男が4ヶ月頃に手放しました。うちはペットもいないし、なかったらないで、全く平気でした!もし赤ちゃん連れで旅行をされる場合なら、ホテルに持っていく時に便利かな〜と思います。

授乳ケープ

出産祝いにいただき、長男の時は使っていました。でも次男の時にはすっかりズボラになり、ふわっとしたトップスを着て、授乳ケープを使わずに済ませていました。

アメリカで買ったけど、全く使わなかったベビー用品

ベビーベッド

長男も次男も添い寝でしか寝ず、ベビーベッドに寝かせた途端、背中スイッチが入って泣いて起きてしまうので、ただただ無駄に場所を取っただけでした。

出産当時、「アメリカはどうやら赤ちゃんをベビーベッドで寝かさないといけないらしい」という思い込みが私の中であったんです。もちろん赤ちゃんのうちから個室でベビーベッドに寝かせている親御さんが多いのは事実だけれど、自分と赤ちゃんにどのスタイルが合っているかなんて、やってみないとわかりません。

今の私が過去の私にアドバイスするとしたら、「必要になってからベビーベッド買っても間に合うで!先に買わんでいいよ!」って言うかな〜と思います。

布おむつ

これは私が布ナプキン派だったので、赤ちゃんも布おむつの方がいいんじゃないかと思ったから買ってたんです。でも、布おむつを洗う手間に、早々に挫折しました・・・。

哺乳瓶や母乳保存パック

これは頂き物だったのですが、結局母乳しか受け付けなかったので、使わず終いでした。

ベビーモニター

ベビーモニターを使わずとも、狭い我が家では別の階や部屋にいても声が聞こえました(笑)

アメリカのベビー用品、カーシートには好き嫌いが!

退院時に絶対用意していないといけないもの=カーシート。

よく見かけるバスケットタイプを使っていたのですが、長男も次男もこのバスケットタイプのカーシートがめちゃくちゃ嫌いでした。

多分よく見かけるから、何も考えずに「新生児=このタイプのカーシート」だと思い込んで、選んだんだと思います。でも重いし、うちの息子たちは背中に大汗かいて泣くしで、散々でした。

腰が座った6ヶ月頃にコンバーティブルのカーシートに買い換えたところ、車でのお出かけも泣かなくなったので、息子にはこちらのタイプの方があっていたんだと思います。新生児から使えるコンバーティブルカーシートもあるので、タイムマシンがあったら、絶対こっちを選びます!

まとめ

ベビー用品は赤ちゃんによって合う合わないがあります。もし合わなかったり、使う月齢を過ぎたら、どんどん売る・譲る、で手放すのがおすすめですよ〜!

参考になれば!

では、またー。

㊙︎お片付けマインドがつまったPDFを無料配布中

お片付けでつまづきがちな「整理」のステップを乗り越える㊙︎マインドが盛りだくさん!

モノを3割減らしてスッキリ心地いい家を手に入れましょう☆

メルマガに登録していただいた方に限定配布中♪

メルマガに登録してPDFをダウンロード