片付け

クローゼットの”タンスの肥やし”服を捨てるべき理由とその選び方

こんにちは!サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです!

この記事では、クローゼットに眠っているだけの”タンスの肥やし”服を捨てるべき理由と、その選び方についてお話します。

アメリカでは大きなクローゼットのお家もたくさんあります。「服を置いておく場所があるから、整理しなくていいんじゃない?」と思うかもしれませんが、それは違います。

クローゼットのスペースに余裕があるなしに関わらず、”使っていないものを取り除く”整理”は、とっても大事。

その理由をお話していきますね。

 

クローゼットが広くても、着ていないタンスの肥やし服は捨てるべき理由

”本当に好き”なものが入ってこなくなるため

あなたのクローゼットは、”本当に好きな服”だけが入っていますか?

もし”まぁまぁ好き”、”昔は好きだった”という服をなんとなく取っているなら、”本当に好き”な服が入ってくるチャンスを失います。

”まぁまぁ好き”や、”昔は好きだった”服は、今は着ていない。

けれど、服の数は持っているので、素敵な服に出会った時に「でも家に服がたくさんあるしなぁ。それなのに新しく買うのは、もったいないなぁ。」とブレーキがかかってしまいます。

でもクローゼットに入っているのは、”まぁまぁ好き”や、”昔好きだった”程度の服なので、いざ服を選ぼうとすると、そういった服は今の気分じゃないため、手が伸びない。

なので、服はあるのに、着るものがない!という状況に陥ります。

また、ジーンズなどの定番アイテムであっても、少しずつトレンドの形は変わります。自分の体型も変わるし、年齢によって似合うものも変わってきます。

例えば、今の自分が昔流行ったローライズジーンズを履いたら、きっとものすごい違和感があるはず・・・

「定番アイテムだから置いていたけど、最近着てないなー」と思う服があったら、ぜひ全身が映る鏡の前で着てみることをおすすめします。

本当に好きで、今の自分に似合う服を着るために、眠っているだけのタンスの肥やし服は思い切って処分することがオススメ!

管理できる量には限りがあるため

クローゼットがとっても広くてたくさん服が入ったとしても、自分がきちんと管理できるかといえば、そうではありません。たくさん服が収納されていても、よく着る服は限られていて、全然着ないものや、存在を忘れているものがあるはず。

例えばTシャツを50枚ぐらい持っていたとします。でも、毎日違うTシャツを着ますか?多分多くの人は、自分の気に入ったものだけをよく着ているんじゃないかと思います。

自分が気に入っている服=今の自分に必要な服は、実はそんなに多くはないかもしれません。

服も経年劣化します。長いことしまいっぱなしで換気していなければ、虫に食われたり、シミが浮き出ることもあります。

今着ている服をきちんと管理するために、負担になるだけの着ていないタンスの肥やし服は手放しましょう

時間のムダを省くため

着ていないタンスの肥やし服がクローゼットに混じっていると、服を選ぶ時の邪魔になります。

ただ存在しているだけで、自分の中では意識していないけれど着たくない理由があるので、最終的に選ばない。

でも視界に入るので、服を選ぶ時に邪魔になって、毎朝着るものを選ぶ時間が余分に取られてしまいます。

そこで”タンスの肥やし”をなくすことで、「服はあるのに、着るものがない〜!何着たらいいの?」と悩む時間を減らすことができます!

「私服の制服化」という言葉は聞いたことがありますか?故スティーブ・ジョブズが有名ですが、彼は服を選ぶという時間を省き、もっと大切なことに集中するため、イッセイミヤケの黒のタートルネックにジーンズ、ニューバランスのスニーカーというスタイルを定番としていました。

私はもともと服が好きなので、そこまではしていません。でも気に入った服は色違いで買ったりするので、かなり似通ったアイテムばかりのクローゼットです。

クローゼットの”タンスの肥やし”をなくす、選び方の基準

続いて、私のクローゼットの”タンスの肥やし”をなくす、選び方の基準を紹介しますね。

もう好みじゃない、気分じゃない

昔は好きだったけれど、もう今は好きではないもの。

今はなぜか着る気になれないもの。

体型・肌・顔・髪型などの変化で、似合わなくなった

30代後半からの、怪奇現象。

去年や、先シーズン着ていた服が、いきなり似合わなくなります。こういう服がまた似合うようになる日は来ないので、潔くさよならします。

着すぎて、飽きた

服の枚数が少ないと、めっちゃよく着ます。なので、着すぎて飽きてしまうことがあります。

でもヘビロテしているので、飽きるころにはヨレヨレになっていて、いずれにしても手放し時です。

トレンドが過ぎ去った

数年前に流行ったガウチョパンツ。今はもう着ている人いないですよね。あまりトレンドアイテムは買いませんが、定番アイテムであってもシルエットの流行は変わります。

数を持たない代わりに、入れ替えるようにしています。

アイロンが面倒で、あまり着ない

買う時はわからなくて、でも洗濯したらシワシワになっちゃった!という服。アイロンなしでは着られない(泣)。でもアイロンって面倒。

そういう風は、「アイロン待ち」でずっとクローゼットに放置されていたり、また着たらアイロンがけするのが面倒で着なくなります。

こういう服は自然と着る回数がなくなるので、さようなら。

ハイウエスト

試着する時って、立って着ますよね。だからわからなかったんですが、ハイウエストのパンツやジーンズは、座っているとお腹がしんどくて、履き心地がよくない!

車の運転をすることも多いので、座っている時の履き心地は重要。

まだ数回しか履いていなかったハイウエストのジーンズも、あまりに座っている時の履き心地が悪いので、寄付。

毛玉や色あせで、みすぼらしい

毛玉や色あせ、結構目立ちます。クローゼットや引き出しの中に入っている時はわかりづらいので、自然光の下でチェックしています。

日本で買った流行の服

これ、私のよくある失敗です。日本に一時帰国すると、街を歩く人がみんなおしゃれに見えて、服を買いたくなります。そして、日本で流行っている服を着たくなる。

でも日本で買った流行の服をアメリカで着ると、めっちゃ浮く!

そしてその違和感に耐えられなくなって着なくなる、というのが私のいつもの失敗パターン。

こういう服は「もうこれからは一時帰国した時に日本で流行の服は買わないようにしよう」という学びを得たと思うことにして、さようなら。

出産前からの服

出産前に着ていた服を、「体型が戻ったら着よう」、「授乳が終わったら、着よう」と思って、取っていました。

でも結局は体型が戻っても、授乳が終わっても、着ませんでした。なぜなら、その時点で2年以上は経過しているから。

せっかく産後ダイエットに成功したんだから、新しい服が欲しい。2年前の古い服より、今の自分に似合う服を買いました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? クローゼットの”タンスの肥やし”服を捨てるべき理由とその選び方、参考になりましたか?

クローゼットにスペースがあるなしに関わらず、今の自分に必要な服だけで暮らすのは、管理もラクだし、好きな服ばかりなので、とっても快適ですよ♪

服だけに限らず、物全般に応用できる考え方なので、ぜひやって見てくださいね。

では、またー!

㊙︎お片付けマインドがつまったPDFを無料配布中

お片付けでつまづきがちな「整理」のステップを乗り越える㊙︎マインドが盛りだくさん!

モノを3割減らしてスッキリ心地いい家を手に入れましょう☆

メルマガに登録していただいた方に限定配布中♪

メルマガに登録してPDFをダウンロード