片付け

片付けを成功させるための鉄則は、収納用品を先に買わないこと!

こんにちは!サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです!

この記事では、片付けを成功させるための鉄則についてお話します。

片付けで失敗しないための鉄則、それはズバリ「収納用品を先に買わないこと!」です。

片付けを始めようとした際、先に収納用品を買ってしまうと、余計に家が物で溢れ、全然片づかない!という残念な結果に終わってしまいやすいんです。

なぜ先に収納用品を買うのが間違っているのか、収納用品を買う以前にやるべきこと、そしてうちの実例を順に紹介していきますね!

では、早速行ってみようー

片付けで成功するためには、収納用品を先に買ってはいけない理由

なぜ片付けで成功するために、収納用品を先に買ってはいけないかというと、まず片付けでは、何よりも先に整理を終わらせないといけないからです。

整理とは「持ち物をいる・いらないに分けて、いらないモノを省くこと」を言います。

なぜ整理を真っ先に終わらせないといけないかというと、まず何を残すのかを見極めないといけないから。

物を整理することなく、先に収納用品を買ってしまうというのは、すなわち本来要らない物にまで新しく収納場所を作ってしまうということなんです。

例をあげますね。ここに部屋が片付かなくて悩んでいる人がいたとします。

「収納に入りきらずに床に直置きしている物を棚にしまえば、片付くかも!」と思って、棚を買ってきました。

でも整理をしていないので、要るもの・要らないものがごちゃ混ぜになっています。

だから、棚を買ってきたとしても、棚に本当はもう要らないものまで収納することになります。

整理をすることなく、先に収納用品を買ってきて収納しようとすると、自分の物の持ち方を見直すことがなく、また必要な量もわかっていません。

なので、もし棚に余裕があれば、またその空白を物で埋めようとします。

そして、またしばらくすると収納から物が溢れ出し、床に直置きするようになる。

そしてまた新しく棚を買う、の繰り返しになってしまいます。

しまいには家中が棚や収納用品だらけになり、どんどん部屋が狭くなってしまう、という悪循環に陥ります。

収納用品を買えば、家が片付くわけではありません。

収納用品を買ったのに、ちっとも片付かない!というのは、「整理」をすっとばしているからなんです。

片付けで成功するために、収納用品を買う前にやるべきことは?

では、収納用品を買う以前に、まずやるべきことはというと、

  1. まず最初に整理をし、使っている物・残す物を選びます。
  2. 次に、今ある収納や作り付けの収納に、①で残すと決めた物をしまいます。
  3. ②で使い勝手がイマイチだった場合、収納用品や棚の購入を検討します。

 

収納用品や棚の購入は、「整理が終わって、持ちものの総量がわかってから」が鉄則です。

また、①の整理の段階で、要らない物を省くと、家の至るところで収納用品が余ってきます。

余った収納用品は他の場所で使い回すこともできるので、そういった意味でも先に収納用品を買うのはNGなんです。

片付けで成功する実例:我が家のおもちゃ収納〜棚を買うまで

では、我が家のおもちゃ収納を例に、棚を買うまでの流れを紹介します。

先日、親・子の片づけインストラクター2級認定講座を受講した際、家の中の収納で改善できるところはないか見直すワークがありました。その時、おもちゃ収納で子供にとって使い勝手が良くないポイントがあることに気づきました。

これまでIKEAのTROFASTをクローゼット内に横向きに入れていました。ここにはたまにしか使っていない2軍のおもちゃが収納されていることと、他のおもちゃを入れるスペースのために、横向きに棚を入れていました。

でも、よく棚が中途半端に飛び出して、きちんと戻せていないことが多発。(犯人は次男。)

また、ボードゲームの収納は、最初はただ積み重ねていました。でも、積み重ねると下にあるボードゲームが取りにくい。

そこで次に、家にあった帆布ボックスを使って、ボードゲームを立てて収納してみました。ボードゲームは立てて収納するようにはデザインされていないので、中の小物はすべてジップロックに入れ、立てた時に中のものがぐちゃぐちゃにならないようにしました。

 

これでしばらく様子を見たのですが、帆布ボックスは柔らかいため、ボックスを片手で支えながらボードゲームを入れないと、きちんと入らない。

親・子の片づけインストラクター2級認定講座で、「子供は片手で抑えて、もう片方の手で出し入れする作業が苦手」と習って、子供にとって難易度の高い収納だったことに気づきました。

そこで、受講後に早速収納を改善。

まず2軍おもちゃが収納されているIKEAのTROFASTの向きを変え、クローゼットの左側に移動。

続いて、ボードゲームのベストな収納を考えました。

選択肢は

  • 突っ張り棒を渡して、簡易棚を作る
  • 棚を買う
  • 板を買ってきて、DIY

の3つ。

突っ張り棒はたわむ可能性があるので、却下。

棚の値段をチェックしたら25ドルほどだったので、DIYする時間や手間を考えると棚を買うのがベストだと判断しました。

この時点になって、棚を購入!めでたく、ボードゲームを平置きできるような棚を設置しました。

  • ボードゲームを平置きでおける
  • 白なので、IKEAの棚やクローゼットのドアと色が合う
  • 将来ここで使わなくなっても、他のところで使えるシンプルなデザイン

が決めてになりました。

片付けにはまった初期に、雑誌や人のマネをして収納用品を買いまくり、結局後で使わなくなった失敗をしているので、収納用品を買う場合はこのぐらい慎重に決めます。

収納用品や棚を買うことで、確実に今の使い勝手が改善される場合のみ、購入に踏み切ります。

これは収納用品にかかる金額の問題ではなく、「要らない物が増えるのがイヤだから」です。

買うのは簡単だけど、手放すのはその何倍も手間がかかりますからね。

 

おもちゃ収納の仕組み作りについては、この記事からどうぞ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

片付けを成功させるための鉄則は、収納用品を先に買わないこと!

片付けは整理から始めて、収納用品は最後に購入すると成功につながりますよ。

参考になれば嬉しいです!

では、またー♪

㊙︎お片付けマインドがつまったPDFを無料配布中

お片付けでつまづきがちな「整理」のステップを乗り越える㊙︎マインドが盛りだくさん!

モノを3割減らしてスッキリ心地いい家を手に入れましょう☆

メルマガに登録していただいた方に限定配布中♪

メルマガに登録してPDFをダウンロード