片付け

詰め替えで失敗!雑誌や本の収納テクニックをマネして失敗した例

こんにちは!サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです!

この記事では、私が片付けにはまり始めた初期にやってしまった、「雑誌やインテリア本の収納テクニックのマネをして失敗した例」を紹介します。

片付けに興味を持ち始めた当時、片っ端から主婦向けの雑誌の収納特集や、インテリアの本、インテリア系のブログなどを読んではマネをしました。

マネをしてうまく行った場合もありましたが、残念ながら失敗に終わったことも・・・。

その失敗から、「自分の性格に合っていなければ、見栄えがいい収納方法でも続かないから意味がない!」ということを学びました。

私の失敗例が参考になればと思います!

調味料の詰め替えで失敗!

雑誌でステキなお家の収納を見ると、必ず目にするのが、「調味料の詰め替え」

私も「おお!そうか!調味料も統一された容器に詰め替えれば、生活感がなくなってオシャレになるんだ!」と思って、一時帰国した際に詰め替え容器を買い込みました。

収納用品を統一して生活感をなくす=収納の正解

と思ったんです。確かに、容器を統一すればスッキリ見えますし、見栄えがいいですよね。

でも実際やってみると、調味料の詰め替えは面倒!その理由は

  • 容器をその都度洗って乾かさないといけない
  • 詰め替えて、入りきらなかった半端な分は別にしまわないといけない
  • 薄力粉・強力粉を詰め替えた容器は、冷蔵庫の中でむちゃくちゃ場所を取る。中身が減っても容器の大きさは変わらないので、常に場所を取ってしまう。

そこで今は「詰め替えた方が使いやすくなるものだけ、詰め替える」ことにしました。

  • 砂糖:詰め替えないと、使えない。いつも買う砂糖はジッパーがついていない。
  • 油:大ボトルで買うので、詰め替えが必要。
  • 酒:一升瓶で買うので、詰め替えが必要。
  • 片栗粉:詰め替えないと、使いにくい。

そして、以下の物は詰め替えを廃止。

  • みりん:瓶がリニューアルされて液だれしなくなったので、詰め替えずそのまま。
  • 薄力粉・強力粉など粉類:文房具のクリップで止めて、そのまま冷蔵庫へ。
  • ローリエ:計り売りではなく、瓶入りのモノを購入。
  • オリーブオイル:そこまで大きくない瓶、そしてドバッとでない瓶の物を購入。

 

雑誌や本の紙面では、切り取った美しい収納の画像なので、詰め替えのマイナス面までは想像がつきませんでした。調味料の詰め替えは、面倒くさがりな自分の性格には合っていなかった・・・。

今は、「冷蔵庫やパントリーの中まで生活感をなくす必要はないかな」と思っています。自分に合った方法でないと、続かないから!

ポイポイ収納で失敗!

整理収納のプロの方の本に載っていた「ポイポイ収納」(畳まずに、収納にポイポイ放り込むだけの収納方法)をマネして、失敗したこともあります。今は廃盤になっているのですが、無印良品の吊るせる小物ホルダーを使った靴下収納です。

本では、その小物ホルダーに「ポイポイ靴下を放り込むだけ」という収納が紹介されていました。でも実際やってみると、しまう時は確かに簡単。でも、取り出す時に探しにくい!!

結局、靴下の収納は、「たたんで、立てる」方が、私には合っていました。そもそも数も少ない上に、毎日洗濯するのでたたむ数は問題じゃないし、たたんで立てた収納の方が、断然取り出しやすかったです。

誰かが薦めていた物でも、自分には合わない場合があります。

人のマネをする前に、自分に取ってやりやすい収納方法は何か、自分の傾向を知るべきだったなー、と今振り返って思います。

 

海外在住ならではの失敗!

海外在住ならではの失敗もしました。

アメリカでは、なかなか気に入る収納グッズがないため、日本に一時帰国した際にまとめ買いをしていました。

「日本でしか買えない!」と思うため、必要な数より多めに購入し、買い過ぎてしまった物もあります。

また、「あったら便利かも」「あったら使うかも」と、必要に迫られているわけではないのに買ってしまった物もありました。

本来なら、一気に収納グッズを揃えるのではなく、

まず1つか2つ買って、実際使って様子を見る

実際使って良かったら、買い足す

という方法がベストです。

収納グッズは価格や品ぞろえの面からも、一時帰国の際に日本で買ったほうがいい物が多いので、これまでの失敗を活かして、普段から”一時帰国した時用買い物リスト”を作っています。

そして、「確実に使う数だけ」、「必要と感じた物だけ」を買うように心がけています。

それ以外にも、ファイルボックスのようにかさばるので日本から持ってくるのは難しい収納アイテムは

  • 年に1回、2時間かけてロサンゼルスの無印良品の店舗にいく。
  • どうしてもすぐ必要な物は、アメリカの無印オンラインストアで通販。
  • 量が少ない場合、ニューヨークに住む義姉妹が帰ってくる時に持って帰ってきてもらう。
2020年、コロナ禍でカリフォルニア州のMUJIは閉店しました

また軽くて小さい物で、アメリカの無印オンラインストアでは扱いがない物は、日本の家族に送ってもらったこともあります。

なるべく人の手は煩わせたくないので、頼む時は熟慮を重ねてから。

今はよく考えてから収納グッズを買うので、余分に買いすぎることはなくなりました!

自分に合った収納を見つけよう

これまでの失敗から、今では「棚の中などは、そこまで収納用品が揃ってなくてもいいやー」と思うようになりました。

例えばパントリーの中では、百均のカゴがほとんど。そこに少し無印のファイルボックスがあり、混在しています。

無印のハーフファイルボックスは、最初に2つ買って使い勝手が良かったので、その後買い足して、いろんな場所で使っています。

でも最初から揃えるのではなく、あくまで使い勝手が良かったら買い足すのがポイント!

私の今の収納の基準は、「見た目も大事だけれど、使い勝手が最優先!」です。

自分にあった収納は、

  1. 生活感ゼロ、見た目命
  2. 見えているところだけをビシッと揃えて、収納棚の中は生活感があってもいい
  3. 使いやすさを最優先、見た目は気にしない

のどれなのか、

どれが自分にとって快適な収納なのかを見つけてくださいね!

では、またー!

㊙︎お片付けマインドがつまったPDFを無料配布中

お片付けでつまづきがちな「整理」のステップを乗り越える㊙︎マインドが盛りだくさん!

モノを3割減らしてスッキリ心地いい家を手に入れましょう☆

メルマガに登録していただいた方に限定配布中♪

メルマガに登録してPDFをダウンロード