片付け

増える子供の作品の片付け、整理収納アドバイザーはどうしてる?

こんにちは!サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです。

子供の作品をどうしたらいいの?とお悩みのお母さんは多いんじゃないかなと思います。

子供の作品って、どんどん増えますよね。特にプリスクール時代は、たくさん作品を持ち帰ってくるじゃないでしょうか。

週末に通っている日本語幼稚園でも工作をするので、現地校+日本語学校で作った絵や工作が増えてきます。

小学校になると少し作品が増えるペースが落ちるかな、という印象ですが、お絵描きや工作が大好きなお子さんだと家でも絵を描いたり作ったりするでしょうし、どんどん増える作品を前にすると、「収納どうしよう・・・」って困りますよね。

そこでこの記事では、我が家の「子供の作品のお片付け方法」を紹介します!

子供の作品の片付け:しばらく壁に飾る&写真を撮る

まず1番最初、絵を学校から持ち帰ったり、家で絵を描いたら、しばらく壁に飾ります。

マスキングテープで、壁にペタッと貼るだけです。

この時に、同時に写真も撮ります。壁に貼ってからでも、貼る前でも、お好みで。色が褪せないうちに、できるだけすぐに写真を撮るのがコツ。

そして、iCloudに作ってある「〇〇(子供の名前)作品」という共有フォルダに、すぐにアップします。iCloudに入れておけば、一安心!

子供の作品の片付け:飾ったあとは、処分orファイルボックスで保管

次のステップは、一定期間飾ったあと、子供が自分でどの作品を残し、どの作品を処分するか決めます。

新しく絵を描いた時や、しばらく飾って見飽きた、または色が褪せてきた、などのタイミングで子供に取捨選択を促します。

ここで重要なのは、子供にどれを残すか、処分するか決めさせること!

こうすることで、子供の選択力や、自分で自分のことを決める能力を養う目的があります。

プリスクールでラミネートをかけてもらった作品は、ファイルボックスに保管。その他、子供が残しておくと言ったものも保管します。

折り紙など薄い紙に描いた場合、家でもラミネートをかけます。

今はファルボックスに収まっていますが、いずれはバンカーズボックスに入れ替えるかもしれません。作品の大きさや量に合わせて、収納用品を選んでくださいね!

子供の作品の片付け:年に1回作るフォトブックに、多分割で組み込む

ステップの最後は、フォトブックに多分割で組み込む、です。

うちは年に1回フォトブックを作っているので、そこの1ページないし2ページに、子供の作品を多分割(大体いつも11インチ×9インチのフォトブックで、1ページあたり12枚ぐらい)で組み込みます。フォトブックに組み込む作品は、特にお気に入りを入れるようにしています。

ちなみに私は、Picabooをよく使います。いろいろなフォトブックの会社があるので、自分の好みや使い易さで選んでくださいね♪

裏表紙にも。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?どんどん増える子供の作品のお片づけ方法、我が家でのやり方が参考になれば幸いです!

では、またー。

㊙︎お片付けマインドがつまったPDFを無料配布中

お片付けでつまづきがちな「整理」のステップを乗り越える㊙︎マインドが盛りだくさん!

モノを3割減らしてスッキリ心地いい家を手に入れましょう☆

メルマガに登録していただいた方に限定配布中♪

メルマガに登録してPDFをダウンロード