アメリカ暮らし

電子書籍のメリットTop10!海外在住でも日本語の本を楽しもう

こんにちは!サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです!

この記事では、電子書籍の10個のメリットを紹介したいと思います。

物をあまり増やさずシンプルな暮らしを目指す人には、電子書籍はうってつけ!

私は子供の頃から、大の本好き。今も読書が趣味です。本好きの人あるあるだと思うのですが、私も以前は「本は、断然紙」派でした。

でも片付けに興味を持つきっかけとなった実家の私物を整理した際、本も大量に整理。それをきっかけに2014年から電子書籍に切り替えました。

また子供が生まれてからは、一時帰国の際にできるだけ多く日本語の絵本を持って帰ってきたいため、スーツケースに自分の本を入れる余裕がなくなったのも理由の1つ。

そんなこんなで、今は電子書籍なしには生きていけない〜というほど大好きに!

本好き&少ない物で暮らしたいアメリカ在住の私が、電子書籍のメリットを紹介しまーす。

電子書籍のメリット:場所を取らないので家が片付く!

まず場所を取らない、というのが電子書籍の一番のメリットだと思います。いくら本を買っても、置く場所に困りませんよー!居住スペースに限りのある都市部にお住まいの方には特に助かりますよね。

本を保管するスペースがいらない

私は本に対して「所有欲」があるので、以前は本を読み終わっても売るということはせず、どんどん本が増えていました。本棚のスペースには限りがあるので、電子書籍にしたことで本を保管するスペースがいらなくなったことは、とっても大きなメリットです。

本を日本から持って帰ってこなくていい

日本から重い本を持って帰ってくる必要がないので、その分、本以外のものを持って帰ってくる余裕が生まれます!

旅行の時も電子書籍リーダーひとつで身軽

旅行の時にも、めっちゃ便利です。持っていくのも、電子書籍リーダーひとつなら、とっても軽い!

例えば上巻・下巻がある本など、もうすぐ上巻を読み終わる!というタイミングで旅行に行くと、紙の本なら上下巻両方持っていかないといけません。

でも電子書籍なら、そんな心配はなし!旅行の途中で読み終わっても、すぐに下巻を読み始められます。

電子書籍のメリット:いつでも欲しい時に買える

これも大きなメリット。一時帰国時に本を買っても、本好きならすぐ読み終わってしまって、次の一時帰国まで待てないですよね。でも電子書籍なら、いつでも自分の欲しいタイミングで買える!

自分の欲しいタイミングで、欲しい本を買える幸せ。電子書籍にしてから、海外生活で日本語に飢えることがなくなり、読書ライフが快適になりました!

電子書籍のメリット:老眼が始まってもどんとこい!

アラフォーにもなると、少しずつ忍び寄る老眼・・・。分厚い文庫本の小さい字が読みづらくなってきます。でも電子書籍なら、文字の大きさを自分の好みに変えられるので、老眼が入ってきても大丈夫!

私の母も数年前に電子書籍に切り替えたのですが、快適な読書ライフを送っていますよ♪

電子書籍のメリット:中古買取価格にがっかりしない

片付けにはまり始めた頃、アメリカの自宅の大掛かりな片付けをしました。その時、もう読み返すことはないであろう日本語のムックや本を大量に買取に出したのですが、買取額にがっかり・・・。

「わざわざ日本から買ってきた本なのに、その買取額なの?」と思って、悲しくなったのを覚えています。

でも電子書籍なら、読み終わった本を売りに行く手間もなければ、買取額にがっかりすることもないので、ストレスフリーになりました。

電子書籍のメリット:言葉の意味をすぐ調べられる

電子書籍なら、読み方がわからない漢字や、意味がわからない単語があっても、長押しすれば読み方と意味を表示してくれます!

わざわざ携帯などで調べなくても、すぐに言葉の読みや意味を教えてくれるのはありがたい!

「あとで調べよう」と思っても忘れてしまうので、その場ですぐわかるのはいいですよね。

電子書籍のメリット:ハイライトを引ける・引き直せる

本を読んでいて、いい文章に出あった時、皆さんはハイライトを引きますか?

紙の本でも絶対売らないという方は、赤線を引きながら読むのかな。

私は紙の本に書き込んだりするのは抵抗があるタイプだったので、電子書籍の”ハイライトを引いたり、消したりできる機能”がお気に入り♪

ハイライトを引いたところだけあとでノートに書き出す時に、探しやすくて便利です!

電子書籍のメリット:暗くても読める

これは目に良くなさそうなので、大声でオススメはできませんが・・・。

私は寝る前にベッドの中で本を読むのですが、電子書籍なら部屋の電気を消してしまっても読めます。

また旅先で子供たちが寝た後、まだ自分は眠れないという時。子供が寝てるから部屋の電気はつけられない・・・そんな時でも気兼ねなく本を読めるので、私にとっては旅行の必需品です。

電子書籍のメリット:新品の紙の本より安い

電子書籍版なら、通常新品の紙の本より安いです。それに、しょっちゅうセールをやっているので、さらに安くなることも!

紙の中古本には価格で負けてしまうけれど、新品の本なら電子書籍の本が割安です。潔癖症の方に、オススメ(私です。)

電子書籍のメリット:片手で読める

片手で読めるので、授乳中にもよく電子書籍の本を読んでいました。

授乳って1日に何回もあるし、1回の授乳にも結構時間かかりますよね。

かといって他の用事ができるわけでもないし、その時間を「自分の読書時間」にして、気分転換していました。

 

電子書籍のメリット:劣化や色褪せもなし

紙の本の場合、日焼けで色が褪せたり、経年劣化もありますよね。電子書籍ならその心配もなし!虫がつくこともないので、管理がラクですよー。

電子書籍、あえてあげるデメリットは

これだけメリットのある電子書籍ですが、あえてデメリットをあげるとしたら。

長編小説で登場人物がたくさんいて、その相関図が割と複雑な場合。大体、もくじのあたりに、登場人物の名前一覧や相関図が書かれていますよね。

紙の本だと、読んでいる最中に「〇〇って誰やっけ?」と思ったら、読み進んだページに指を挟んで、すぐに巻頭の人物相関図を確認することができます。

電子書籍でもできないことはないけれど、ちょっと面倒・・・。

電子書籍で思いつくデメリットは、これぐらい。メリットの方が大きく上回ります!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

物を増やしたくない、すっきりと暮らしたい人にとっては、場所を取らないというのは電子書籍の最大のメリットだと思います!

これから電子書籍にしようと思っている方の参考になれば、幸いです!

 

海外在住でもやっぱり紙の本が読みたい!という方は、こちらの記事もどうぞ。

㊙︎お片付けマインドがつまったPDFを無料配布中

お片付けでつまづきがちな「整理」のステップを乗り越える㊙︎マインドが盛りだくさん!

モノを3割減らしてスッキリ心地いい家を手に入れましょう☆

メルマガに登録していただいた方に限定配布中♪

メルマガに登録してPDFをダウンロード