片付け

片付け苦手なのはなぜ?行動パターンを見直して片付け苦手を卒業!

こんにちは!サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです!

この記事では、片付けが苦手な人に見直して欲しい行動パターンについてお話します。

皆さんは、片付けが得意な人と、片付けが苦手な人の違いってなんだと思いますか?

性格?生まれつき?遺伝?

私は、習慣、つまり日々の行動パターンに違いが見られると思っています。

片付けっていうと、何かものすごく大掛かりなイメージを思い浮かべるかもしれませんが、本当は毎日の小さな行動の積み重ねが差を生みます。

片付けがあんまり得意じゃない・・・と思う方は、ぜひ片付けが得意な人の行動パターンを真似して、自分の行動パターン見直してみるといいんじゃないかなと思います。

では、行ってみよう〜!

片付け苦手なのはなぜ?後回しにしていない?

片付け得意な人は、なんでも後回しにせず、すぐにやります。

例えば、郵便物はすぐに目を通して、要らない物は処分。

通販で買ったものが届いたら、中身はすぐ出す。ダンボールは、返品しないなら、すぐにリサイクル。

食器もすぐ洗って、シンクに溜めない。

なぜなら、こういう作業を溜めると、ますます取り掛かるのが億劫になるから。面倒だけど、サッサとやっつけてしまった方が、結局は一番楽だから。

逆に片付けが苦手な人は、後回しにしがち。

「後でまとめてやろう。」と思うんだけれど、溜まった山を目にすると、取り掛かるのが嫌になる・・・。そう、やらないといけないことを溜めると、いざ取り掛かろうとするのに倍の気合いが必要になります。

また、「まだ取り掛かっていない」と言うことが頭に残っているので、「やらないといけないこと」がどんどん増えてしまいます。

たとえ1つ1つはちょっとした作業でも、やらないといけないことがたくさんあると、山ほどタスクがあるように感じ、それがストレスになってしまいます。

そうなると、ますます取り掛かるのがいやになって、悪循環になりやすい。

そこで片付け上手な人の真似をして、いつもなら後回しにしてしまうことを、すぐやってみるところから始めて見ませんか?

片付けが苦手なのはなぜ?使ったら、元に戻してる?

片付けが得意な人は、使ったら、すぐに定位置に戻します。使ったら元に戻す行動が習慣付いているんです。

逆に、片付けが苦手な人は、使ったら出しっ放しにしてしまいがち。

出しっ放しにしてしまうのは、なぜでしょう?もしかしたら、収納場所が適切ではないのかも?

まず「使ったら元に戻す」を意識して、それがどうしてもすんなりいかない場合は、収納場所を見直して見てくださいね。

片付けが苦手なのはなぜ?無意識に置いてない?

片付けが得意な人は、無意識に物を置くことが少ないです。

無意識に物を置くというのは、例えば

  • 帰ってきて、上着をソファにぽんと置く。
  • バッグを、そのへんの床に置く。
  • 飲みかけのボトルを、カウンターに放置。
  • DMやクーポンを、カウンターの上にちょい置き。

無意識に物を置かないために、まずは物の定位置があるのか、確認して見てください。

例えば、上の例でいうと、

  • 上着をかける場所はどこ?
  • バッグの定位置はどこ?
  • 飲みかけのボトルは、まだ飲むなら冷蔵庫へ、飲まないなら中身を捨ててリサイクル。
  • DMやクーポンは、どこにしまう?

定位置が決まっていないものがあると、一気に部屋が散らかります。無意識に物を置いてしまうことがないよう、物の定位置をきちんと決めてしまいましょう!

片付けが苦手なのはなぜ?とりあえず残してない?

片付けが得意な人は、場所を取るかどうかは関係なく、「とりあえず物を保管しておく」ことをしません。

必要なものだけが家にあり、必要でないものはすぐに手放します。

例えば、

  • ”何かに使えるかもしれない”と思って残している空き箱や空き瓶
  • コンビニやファーストフードで余分にもらったプラスチックのナイフやフォーク
  • 使っていないし、好みでもない頂き物
  • 壊れた電化製品
  • 何の部品かわからないものや、ケーブル
  • 子供のサイズアウトした服
  • もう遊ばないおもちゃ

アメリカの家は日本の家に比べて、物を置いておくスペースがあるので、ついつい「とりあえず保管しておこう。」と思ってしまいやすい環境です。でもそれは要不要の判断を先延ばしにしているだけなので、結果的に不用品が溜まってしまいます。

要不要の判断を先延ばししても、結局後から困るのは自分自身。いつかは向き合わないといけないことなんです。

そこで、まずは明らかな不用品を手放すことから始めて見てください。

そして、「とりあえずとっておく」は封印して、すぐに要るか要らないかの判断するよう、練習して見てくださいね。

片付けが苦手なのはなぜ?無意識に物を増やしてない?

片付けが得意な人は、無意識に物を増やしません。買う時に熟慮するのはもちろん、もらう場合も慎重です。

なぜなら、物を増やすのは簡単でも、減らすのが難しいことをわかっているから。

例えば、

  • サンプル
  • 付録
  • ノベルティ
  • BOGO (Buy One Get One)

たとえ無料でも、本当に使う予定があるものや欲しいものでなければ、もらわないのも1つの選択肢。また付録で付いてきても、要らないなら欲しい人にあげるなり、処分するなり、すぐに決断するのがポイント。

片付けが苦手な人は、物を処分するのも苦手なことが多いです。

家に入ってくる物の量が、出て行く物の量より多ければ、家の中はどんどん物で溢れて、ますますスッキリ片付いた家とはかけ離れてしまいます。

家に入ってくる物の量が、出て行く物の量を超えないよう、無意識に物を増やさないよう、注意して見てくださいね。

まとめ

いかがでしたか?片付け得意な人と比較して、片付け苦手な人に見直して欲しい行動パターンを紹介しました。

自分にできる簡単なところから、チャレンジして見てくださいね!

片付けたいけれど、どこから始めたらいいのかわからない方、片付けの仕組み作りを手伝って欲しい!という方は、ぜひオンラインお片付け相談もご検討ください。一緒に問題点を見つけて、解決していきましょう!

オンラインお片付けに申し込む

㊙︎お片付けマインドがつまったPDFを無料配布中

お片付けでつまづきがちな「整理」のステップを乗り越える㊙︎マインドが盛りだくさん!

モノを3割減らしてスッキリ心地いい家を手に入れましょう☆

メルマガに登録していただいた方に限定配布中♪

メルマガに登録してPDFをダウンロード