片付け

物を減らすことが片付けにおいてなぜ大切なの?その5つの理由

こんにちは!サンディエゴの整理収納アドバイザー、Akariです!

この記事では、物を減らすことが片付けにおいてなぜ大切なのか、その理由5つを解説します。

物を減らすことには、捨てること以外にも、売ったり、人に譲ったり、寄付したりすることを含みます。

片付けにおいて、もう使わない物や要らない物を家から出して、物の全体量を減らすことは最重要事項。

物を手放さないといけないと聞くと、それだけで躊躇してしまい、なかなか片付けに取りかかれない人もいるかと思います。

でも、要らなくなった物を手放すことの目的は、家の中を大好きな物や大切な物、お気に入りの物だけにすること。

そう考えると、片付けてみようかな?って思いませんか。

これから順に、物を減らすことがなぜそんなに重要なのか、解説していきますね!

では、行ってみよう〜!

物を減らすことで、毎日の片付けが楽になる!

家が片付かない最大の原因は、物が多いことが挙げられます。家が片付かない!とストレスに感じるということは、物が多いからかも。

物が多いというのは、往々にして、もう不要な物や使わない物が家の中にあり、不要になったタイミングで物を処分していないから。そして、大事な物やお気に入りの物と、ごちゃまぜになった状態だから。

物が多すぎるとどうなるかというと、

  • 収納から溢れ出てしまい、片付かない。
  • 管理が行き届かない。(カビを生やしてしまう、虫食いになってしまうなど)
  • 家にある物が把握できないから、似たような物や同じ物を買ってしまう。
  • 空間が物で埋まり、居住スペースが圧迫され、居心地が悪くなる。

などなど。

物が多くても片付いたお家もあります。でも物が多くて綺麗に片付いた状態をキープするのは、めちゃくちゃ労力がいるので、よっぽどまめな人でないと無理。

でも逆に、物が少なければ、散らかりようがありません!

そこで、要らない物を減らし、物の全体量を減らすことが最重要事項になります。

物の全体量が減ると、毎日必要な物を探すのも、取り出すのも、使った後に元の位置に戻すのも楽になります。収納場所から溢れることもなく、あるべき収納場所に収まり、お家がスッキリ!

不要な物を取り除いて、物の全体量を減らすと、日々の片付けが楽になりますよ!

物を減らすことで,大切な物だけに囲まれ、片付けも楽しくできる!

片付けが苦手だと思っている方は、もしかしたら自分の好きなものだけに囲まれていないからかも。

物に執着するタイプの方は、なんでもかんでも捨てられない・手放せないと思い込んでしまって、家に物が溢れてしまいがち。

でも本当に全ての持ち物が、自分の大好きな物や大切な物ですか?

もったいないから手放せないって言いつつ乱雑に放置していたら、それは大好きな物に対する扱いと言えますか?

捨てるのが忍びないって言いつつ、物にカビを生やしてしまったり、ホコリまみれしていたら、なんだか矛盾していませんか?

捨てないでいること・手放さないでいること=物を大切にしていること、ではありません。

人が生きていく上で、物を買うことは楽しみの1つでもあります。でも買ったらしっかり使って、そして物の役目が終わった時には、きちんと手放して、循環させていく必要があります。

そうしないと、買い物をやめない限り、家の中はどんどん物で溢れていってしまうから。

だからこそ家の中から、もう不要になった物・使わない物を手放すことが大事なんです。

家の中が、自分の大事な物・好きな物・大切な物だけになったところを想像してみてください。

ワクワクしませんか?

自分の大事な物なら、使うこと自体はもちろん、お手入れすることも、使った後に片付けることも楽しんでできますよ!

物を減らして片付けたら、空間を有効的に使える!

みなさんのお家には、物置化している部屋はありませんか?

部屋は、本来なら人が部屋として使うところ。

納戸や蔵も、要らない物を押し込む場所ではなく、季節の物など、今出番じゃない物をしまうところです。

物置化している部屋も、実はコストがかかっています。家のローンや家賃を、物置として使っている部屋の面積分、毎月払っているんです。

そう考えたら、物置化している部屋の要らない物を処分して、子供部屋だったり、趣味の部屋だったり、書斎として有効的に使う方が、合理的ですよね。

家の空間を有効的に使うためにも、要らない物は減らすのが最善策!

物を減らして片付けると、自分の優先順位がハッキリする!

物の要・不要の判断は、自分の物に対する優先順位をハッキリさせることでもあります。

要・不要を判断することで、自分の好きな物・大切な物・大事な物が何か、再確認できるんです。

例えば、「あまり好きじゃないけど、親戚にもらった物だし、処分したら何か言われそうだから置いている。」という場合。

これは他人の目を基準にした判断で、自分の気持ちや価値観を大切にできていない。

ついついこういったしがらみに縛られてしまいがちだけど、自分の家なんだから、自分の好き・嫌いの基準で物選びしていいんですよ〜。

また例えば、「自分の学生の頃の教科書が捨てられない。」とか、「もしかしたら、この空き箱要るかもしれない。」と思って置いている物。

自分の過去の物をただただ保管することや、実際にこの先使うことがあるかどうかわからない未来のために保管することは、今快適に暮らすことより、大事だと思いますか?

今の暮らしと、過去&未来、どちらが自分にとって大切か、物を減らす過程で考えてみると、自分にとっての優先順位がハッキリします。

自分にとっての優先順位がハッキリすれば、これからの暮らしでの物選びも、片付けも、判断がぶれずに迷わなくなりますよ!

物を減らして片付けないと、未来の自分と子供が困る

日本と比べると家が広く、物を置く場所があるアメリカ。でも置く場所があるからといって、もう要らない物・使わない物を減らすことをずっと先延ばしにしていると、将来、自分と自分の子供が困ることになります。

例えば子供が巣立った後に家のダウンサイズをする場合を考えて見ましょう。その頃には今より年齢も上がり、体力も落ちています。年を取れば取るほど、物を減らす作業や、要・不要の判断を繰り返すことがしんどくなります。

また、ずーっと不用品を処分せずにいたら、自分が死んだ後、自分の子供や家族が大量の物の処分に困ることになります。

未来の自分や子供たちが困らないためにも、スペースがあったとしても不要な物は溜め込まずに、どんどん手放していくようにしませんか?

まとめ

いかがでしたか?物を減らすことが片付けに置いて大切な5つの理由を解説しました。

参考になれば嬉しいです!

もし1人で物を減らすのは、荷が重い!と感じておられるなら、オンラインお片付け相談をご検討くださいね!一緒に頑張りましょう!

オンラインお片付け相談に申し込む

では、また〜!

㊙︎お片付けマインドがつまったPDFを無料配布中

お片付けでつまづきがちな「整理」のステップを乗り越える㊙︎マインドが盛りだくさん!

モノを3割減らしてスッキリ心地いい家を手に入れましょう☆

メルマガに登録していただいた方に限定配布中♪

メルマガに登録してPDFをダウンロード